就活でNNTになる人の特徴とNNTから抜け出す方法

 

学生①
NNTって何?

学生②
NNTから早く抜け出して就活を終えたい

 

就職活動が始まりしばらく経ち、「NNT・無い内定」という言葉を見たり聞いたりし、その特徴を把握して就活を進める上での参考にしようと考えている方もいるのではないでしょうか。

 

その特徴に自分が当てはまっていないかを確認し、納得のできる就活を実現するためにヒントを得たいものです。

 

今回はNNTの特徴、またNNTから抜け出す方法について紹介していきます。

オススメエージェントはこちら

【期間限定】オンライン面談実施中!(一部サービス除く)

「エージェント選びで迷っている」
「どのエージェントが良いのかがわからない」

という方はこちらの画像をクリック!⏬

そもそもNNTとは何か

NNTとは、無い内定のことをいいます。

 

就職活動が中盤になっても内定がもらえていなかったり、内定がもらえないまま就職活動を終えた人のことをいいます。

 

マイナビの調査によると、NNTという言葉を聞いたことある人は42%だそうです。

 

 

インターネットの掲示板上で生まれたネットスラングだとされています。
NNTと表記をせず、そのまま「無い内定」と表記することもあるようです。

就活でNNTになる人の特徴とは

ここでは、就活でNNTにになる人の特徴について3つ紹介します。

社会のルールに対する意識が低い

まず、社会のルールを守れていない場合が挙げられます。

 

例えば、面接に無断で遅刻をしてしまったり、メールや電話での連絡に対応しない、メールや電話での相手への配慮がないなどがあります。

 

就活では、学生が社会人としてやっていけるのかを確認しながら選考活動を行っているため、報連相などの最低限のルールは守れていないとNNTにになる可能性が高いでしょう。

 

また、服装についても同様です。
社会人になったら一人ひとりが会社の顔として仕事をします。

 

そのため、服装に気を配れていない場合にもNNTにになる可能性が高くなります。

コミュニケーションが上手く取れない

コミュニケーション能力を重視している会社も多いでしょう。

 

例えば、面接の場面で質問内容と異なることを話している場合などがあります。

 

このような場合には、質問の答えに対してさらに質問をしていくというコミュニケーションの形を取るのが難しいと判断されます。

 

社外や社内でのコミュニケーションが難しい人材は採用とならないことがほとんどなので、NNTになる可能性が高いでしょう。

プライドが高く自己分析が甘い

プライドが高いと、難易度の高い企業を受ける傾向にあります。

 

プライドの高さと実際の能力が重なっている場合はよいですが、プライドが邪魔をして自分の能力からかけ離れた企業ばかりを受けている場合には、NNTになる可能性が高いでしょう。

 

面接の場面でも、自己分析が甘いという印象を採用担当者に抱かせてしまいます。

NNTから抜け出すには

ここまで、NNTになる人の特徴についていくつか紹介してきました。

 

中には、NNTをなんとか抜け出したくてこの記事にたどり着いた方もいるかもしれません。
最後に、NNTから抜け出すための方法を紹介します。

基本的な社会人のマナーを身につける

誰でも改善しやすいのは、時間を守ったり返信が必要な連絡には必ず返信をするなどのマナーを身につけ実行することです。

 

面接で遅刻しないためには、面接の時間の30分前には会場付近についていると良いでしょう。
また、不安な人は1時間前に最寄り駅に到着し、会場近くのカフェなどで集合時間まで過ごす工夫もできます。

 

メールや電話については、1日1回以上チェックするなどルールを決めるのも良いでしょう。

 

そして、服装も大切です。

 

面接前日にシャツにアイロンをかけておいたり、スーツにスチームをあててシワを伸ばすという予定を組み込んでおくと確実でしょう。

面接練習を繰り返し行う

面接がうまくいかないと、コミュニケーション能力が低いと判断されてしまいます。

 

そのため、面接練習を繰り返し行いましょう。
面接練習は、質問の答えを丸暗記してスムーズに言えるのがゴールではありません。

 

会話が成り立っているのかを確認する必要があります。

 

面接官役の人にフィードバックをもらう際には、聞き出したいことが聞けたかや、質問に対する内容を答えられていたかという観点も確認すると良いでしょう。

 

また、録画が可能であれば面接練習を動画で見返すのも良いでしょう。

自己分析を再度行う

自分の強みと弱みや自分の能力を把握することで、就活は有利になるでしょう。

 

また、採用選考を受ける中で自己分析に深みがでてくる場合があります。

 

そのため、自己分析を繰り返し行うことをおすすめします。
その際は自分を過大評価しないように注意してみると良いでしょう。

NNTから抜け出すには上手にサービスを活用しよう

では、このNNTから抜け出すにはどのようにすればいいのでしょうか。
しかし、

 

「なんとかして内定がほしい」
「とりあえず内定を確保してから自分なりの選択をしたい」

 

と考えている方もいると思います。

キャリアチケットがオススメ

そのような方に私が自信を持ってオススメするのが、キャリアチケットです。

 

キャリアチケットでは、1対1で就活生をサポートします。

 

経験豊富なアドバイザーが自己分析から面接対策まで、選考のエントリーから内定までをバックアップしてくれ、利用者の選考突破率が39%もUPしている実績もあります。

 

私も、就活生時代にこのサービスを利用し、実際に自分の志向性や性格に合った会社をご紹介いただけました。

 

就活に自信のない方は、まずはキャリアチケットの無料面談を受けてみてはいかがでしょうか。

 

最後に

就活は売り手市場と言われており、内定をもらえないと焦ることも多いでしょう。

焦っているときほど基本的なことが抜けていることが多いです。

そのため、この記事を参考にもう一度就活の基本に立ち返ってみるといい結果がついてくるかもしれません。

オススメエージェントはこちら

【期間限定】オンライン面談実施中!(一部サービス除く)

「エージェント選びで迷っている」
「どのエージェントが良いのかがわからない」

という方はこちらの画像をクリック!⏬

ブログランキング

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
スポンサーリンク
スカウトサービスを登録するならまずはOfferBox|自己分析はAnalyzeU+

あなたは多様化する就活に対応しているか?

志望度の高い企業から順にエントリーするだけの就活はもう終わっています。
早期化・多様化の就活を生き抜くために必要なのは、企業との接点を増やすこと

スカウトサービスを利用すると、登録するだけで選考の機会が得られます。

どのスカウトサービスがいいか迷う方は、就活生の4人に1人が登録するOfferBoxがオススメ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
新着記事