就活の証明写真を撮影する前に押さえておくべきポイント
Taking a portrait. Businessman posing in front of female photographer. Fashion shooting in photo studio. Pretty woman using professional camera. Photographer shooting male model in photo studio.

 

証明写真はスタジオで撮ったほうがいいの?

そもそも証明写真はどれくらい重要?

証明写真をうまく撮る方法は?

 

以上のように「証明写真」について疑問がある方は多いのではないでしょうか。
就活では、エントリーシートの提出の際に必須となる証明写真。

 

アルバイトの履歴書用に撮影したことがある人もいると思いますが、就活用はいくつか押さえるべきポイントがあります。
そこで今回は、証明写真を撮影する際のポイントを紹介します。

オススメエージェントはこちら

【期間限定】オンライン面談実施中!(一部サービス除く)

「エージェント選びで迷っている」
「どのエージェントが良いのかがわからない」

という方はこちらの画像をクリック!⏬

なぜ証明写真が必要なのか

そもそもなぜ就活のエントリーシートに証明写真が必要なのでしょうか。

書類からではわからない学生のイメージをつかむため

書類選考では主にエントリーシートで評価をします。
その際に、文章からだと学生のイメージがつかみにくいこともあります。

 

学生の印象をとらえるために証明写真を利用しているようです。
もちろん、顔立ちで判断しているのではなく表情や服装で評価していることがほとんどでしょう。

面接のときに本人を確認するため

選考の際には多くの学生の情報を扱うため、ミスがないように様々な配慮がされています。

 

面接の場では、エントリーシートの証明写真と学生が同じか確認をすることで、ミスを防いでいます。

証明写真を撮影する場所はどこがいい?

次に、証明写真を撮影する場所について紹介します。

スピード写真とスタジオ撮影はどちらもメリットがあるので、それを踏まえて紹介してきます。

スピード写真はすばやく仕上がる

スピード写真とは、駅やコンビニ、スーパーなどにある証明写真機で撮影する写真のことをいいます。
アルバイトの履歴書に証明写真を使う場合に、利用したことがある人もいるでしょう。

 

メリットとしては、基本的に早朝深夜でも利用できることが多く、気軽に撮影することができます。

 

思い立ったらすぐに撮影ができて、写真の現像もはやいので、時間がない時におすすめです。

 

最近では画質が向上していてスタジオ撮影と遜色ないものになっていたり、データで受け取ることができるものも登場しており、便利になっています。

スタジオ撮影は高品質で表情がつくりやすい

また、証明写真はスタジオで撮影をすることもできます。

事前予約をしておけば、待ち時間もなく撮影をしてもらうことができます。
スタジオ撮影では写真のプロが撮影をしてくれるので、表情のアドバイスをしてくれる場合もあるでしょう。

 

印象が良い写真ができるように、繰り返し撮影してくれるところが多いようです。
そして、室内で撮影するので、スピード写真のような光の映り込みを心配する必要がありません。

 

よほど時間がない場合を除いて、就職活動で使う写真はスタジオ撮影をおすすめします。

 

少し値段が高いのがデメリットですが、高品質の証明写真が完成します。

撮影する前に準備すること

撮影する場所が決まったら、撮影するまでに準備することについて紹介します。

服装はジャケット着用のスーツ姿で

服装は、スーツで撮影しましょう。

 

また、ワイシャツだけではなくジャケットも着用しましょう。
事前にシワがある場合には取り除き、準備を整えておくことをおすすめします。

髪型は面接に行く時と同じで

髪型も服装と同様で、面接を意識しましょう。

 

清潔感のある髪型にし、髪が明るい場合には暗い色にしましょう。

普段メガネを着用する場合には着用して

また、普段メガネを着用している場合にはメガネを着用して撮影に臨みましょう。

 

もちろん、選考でメガネを着用しない場合にはメガネをしなくても大丈夫です。

撮影の際に気をつけること

準備ができたら、次は撮影本番です。

 

撮影本番でもいくつかポイントがあるので紹介します。

スピード写真では自分の位置を要チェック

スピード写真では、自分の座る位置をよく調整してからお金を入れるようにしましょう。

 

機器によっては、顔の位置や身体の位置のめやすが示されていることがあります。
それに合わせて椅子の高さを調整したり、身体の位置を調整しましょう。

 

また、荷物も写真に映らないところに置くようにしましょう。

レンズの汚れも確認

また、スピード写真では撮影前にレンズの汚れもよく確認しましょう。

 

前の人が誤ってレンズに触れていた場合、汚れている可能性があります。
そうすると、せっかくの証明写真が台無しです。

 

必ず確認するようにしましょう。

表情は笑顔で

これは、スピード写真でもスタジオ撮影でも共通です。

 

証明写真というと緊張してしまいがちですが、出来る限り笑顔を心がけましょう。
明るい表情のほうが良い印象を与えられます。

 

スタジオ撮影の際には何度か撮り直しができることが多いので、確認しながら良い笑顔の表情を作るよう心がけましょう。

証明写真で好印象を与えよう

企業が選考で学生と一番最初に接触するのはエントリーシートです。
エントリーシートで好印象を与えることができれば、次の選考にも進みやすくなります。

 

この記事を参考に準備をして、より良い証明写真を撮影しましょう。

オススメエージェントはこちら

【期間限定】オンライン面談実施中!(一部サービス除く)

「エージェント選びで迷っている」
「どのエージェントが良いのかがわからない」

という方はこちらの画像をクリック!⏬

ブログランキング

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
スポンサーリンク
スカウトサービスを登録するならまずはOfferBox|自己分析はAnalyzeU+

あなたは多様化する就活に対応しているか?

志望度の高い企業から順にエントリーするだけの就活はもう終わっています。
早期化・多様化の就活を生き抜くために必要なのは、企業との接点を増やすこと

スカウトサービスを利用すると、登録するだけで選考の機会が得られます。

どのスカウトサービスがいいか迷う方は、就活生の4人に1人が登録するOfferBoxがオススメ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
新着記事