企業が採用基準で重視する項目|2位は「企業への熱意」1位は?

 

就活対策をしようとして、その方法を考えるとなると、

 

学生①
自分の強みをわかってもらえるようにそれをスラスラ言えるようにしよう

学生②
うまく自己紹介を言って良い印象を与えたい

学生③
マナーを押さえて、失礼の無いようにしたい



 

と考えることがほとんどではないでしょうか。

 

しかし、これらの発想から対策を行うことが本当に意味のあることなのかは学生からはわからないものです。

 

理想なのは、企業の採用担当が見ているポイントで自分をアピールすることですよね。

 

今回は、「企業が採用基準で重視する項目」を確認していきます。

オススメエージェントはこちら

【期間限定】オンライン面談実施中!(一部サービス除く)

「エージェント選びで迷っている」
「どのエージェントが良いのかがわからない」

という方はこちらの画像をクリック!⏬

2位は「企業への熱意」、1位は?

※上図は「リクルートキャリア 就職みらい研究所ー就職白書2019」より作成

 

企業が採用時に重視している項目は「人柄」(92.2%)、「自社への熱意」(74.8%)、「今後の可能性」(66.9%)の順に高いようでした。

 

一方、学生がアピールしている項目は、「アルバイト経験」「人柄」「所属クラブ・サークル」の順となったようです。

 

このデータを見て、これまでの自分の対策方法が企業の方に評価されやすいものであると感じることができたでしょうか。

企業が重視することと学生がアピールすることはズレている

企業が重視していることが「人柄」「熱意」など、その人の「人間性」や「志望度」に関わるものであるのに対し、学生がアピールしようとすることは、「アルバイト・サークル経験」と、表面的な成果であるようです。

 

なぜこのズレは起こってしまうのでしょうか。

 

様々な理由が考えることができますが、その1つには企業と学生の間にある情報の不均衡が理由であると考えられます。

 

つまり、企業が学生のどこを見ているかを学生が知る機会が少ないということです。

 

就活攻略や就職対策で検索して出てくるものは、「ガクチカで差をつける」「効果的な志望動機の書き方」など、表面的なテクニックに偏っているように感じてしまうこともあります。

 

これらを見て、学生は自分の経験や思考を言語化する際に、これらのテクニックを用いて編集しようとしてしまうものです。

 

その結果、学生は自分の経験をいかに上手に伝えるかというアピールに至ってしまうのです。

 

では、学生はどのように就活対策をすればいいのでしょうか。

効果的な選考対策を心がけよう

「人となりは過去でわかる」
面接で見るのは、会社で活躍できるイメージがわくかどうか。そのために、どういう考えを持って、学生生活をどう過ごし、どんな経験を積んできたのか掘り下げる。志望動機など今後どうしたいのかも聞くが、人となりは過去の学生生活を見ていくことでわかる部分が大きい。(商社)

 

企業が重視していることは人柄、しかし学生は経験をアピールしている

 

これは、「学生時代の経験に関する質問に対する回答の質は問われない」ということではありません。

 

企業の方は、その学生の人柄や内面を「選考中の発言内容・挙動の全て」で判断していると考えられます。
そのため、対策をしようとするなら、見た目から話す内容まで全てに対して注意する必要があるのです。

 

そして、特にその人の人となりが出やすいのが、「過去に何をどのような思考を経て行ったか」ということです。

 

エピソードを説明する際に考えるべきは、成果自慢に終始することではなく、成果に結びつく過程を言語化し、そこに自分の人柄や志向性を認めてもらうことである、ということができます。

より深い自己分析と面接対策を行うには

学生①
でも、対策を1人でするのは不安

学生②
就活の相談相手がほしい

 

と、感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方に私が自信を持ってオススメするのが、キャリアチケットです。

 

キャリアチケットでは、1対1で就活生をサポートします。

 

経験豊富なアドバイザーが自己分析から面接対策まで、選考のエントリーから内定までをバックアップするため、面接官に「人柄」が伝わるように振る舞うことが苦手な方も、克服が可能な環境であると言えます。

 

就活で大切なのは、相談相手をうまく見つけながら、自分なりに対策を行っていくことです。

 

私も、就活生時代にこのサービスを利用し、実際に自分の志向性や性格に合った会社をご紹介いただけました。

 

就活に自信のない方は、まずはキャリアチケットの無料面談を受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

最後に

これから面接などの選考を控えている方は、今回の内容を参考に対策を考えてみてはいかがでしょうか。

 

面接官に良い印象を与え、通過させてもらうためには過去を語り、自分の人柄を伝えることが必要であるようです。

 

選考対策に必要な考え方を得るために、他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

 

オススメエージェントはこちら

【期間限定】オンライン面談実施中!(一部サービス除く)

「エージェント選びで迷っている」
「どのエージェントが良いのかがわからない」

という方はこちらの画像をクリック!⏬

ブログランキング

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
スポンサーリンク
スカウトサービスを登録するならまずはOfferBox|自己分析はAnalyzeU+

あなたは多様化する就活に対応しているか?

志望度の高い企業から順にエントリーするだけの就活はもう終わっています。
早期化・多様化の就活を生き抜くために必要なのは、企業との接点を増やすこと

スカウトサービスを利用すると、登録するだけで選考の機会が得られます。

どのスカウトサービスがいいか迷う方は、就活生の4人に1人が登録するOfferBoxがオススメ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
新着記事