必ず押さえておきたい|就活での身だしなみのチェックの仕方

 

「面接に着ていく服に何がふさわしいがわからない」

「説明会に行くときの身だしなみの整え方は?」

 

と、就活中の服装・身だしなみについて気になる方は多いのではないでしょうか。

 

逆に「服装くらい何でもいいでしょ」

 

と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

実は、就活において服装や身だしなみは選考結果を左右しうる重要な要素であり、常に気を払う必要のあるポイントなのです。

 

オススメエージェントはこちら

【期間限定】オンライン面談実施中!(一部サービス除く)

「エージェント選びで迷っている」
「どのエージェントが良いのかがわからない」

という方はこちらの画像をクリック!⏬

就活の身だしなみに冒険はない

 

就活で身だしなみを整えるには、まずはリクルートスーツが必須です。

 

最近は入学式と兼用で購入する方も多いようですが、スーツで大事なことは、自分の体に合ったサイズのものを選ぶことです。

 

値段よりも何よりも、一番はサイズです。

 

大きくても小さくても、見る人にルーズさと違和感を与えてしまいます。
自分の好みで選ぶのではなく、相手に好印象を持ってもらえるかどうかを考えましょう。

 

次に大事なことは、冒険をしないことです。
スーツはよくも悪くもクラシックなものです。色は黒か濃紺、シャツやブラウスは白、靴は黒です。差別化のためにカラーシャツにしようとか、派手なネクタイにしようとか、カラーのヒールにしようとか思わないことです。

 

結果として悪目立ちするだけで、スーツのマナーを知らない、もしくは軽視する浅薄な学生だと思われるだけです。そんなことをするくらいなら、私服で勝負した方がまだましです。

 

男性は靴下に注意が必要です。
たまに踝までの短いものを履いている方がいますが、これはアウトです。スーツでは、椅子に座った状態で臑毛が見えることが一番のNGです。スーツも靴も黒なら、靴下も長めの黒を履くようにしましょう。

 

まとめ
・リクルートスーツは必須。
・自分に合うサイズのものを着用しよう。
・スニーカーソックスは控えよう。

社屋に入る前に必ず見るべきチェックポイント

 

次に身だしなみを確認する際に注意したいことをご紹介します。
面接や説明会で社屋に入る前に必ずチェックしましょう。

 

髪は整っているか、寝ぐせはないか。
信号や電車の乗り継ぎでつい走って乱れたまま、ということが意外にありますので要注意です。

 

また、肩などにフケや埃が付いていると、スーツが黒いため目立ちます。ジャケットは一度脱いで払うかブラッシングするとよいでしょう。

 

女性は化粧のチェック、男性はネクタイの曲がり、締め具合などもチェックが必要です。

 

見落としがちですが、ジャケットのボタンは男性は一番下は留めない、女性は全て留めるのがマナーです。シャツとブラウスのボタンは袖も含めどちらも全て留めます。

 

うっかりミスで多いのが、ジャケットのベントと呼ばれる切れ込みのしつけ糸が付いたままのケース。事前にチェックしてハサミで切っておきましょう。気づいたその場で無理矢理ちぎるとスーツを傷めてしまいます。

 

スーツの袖からシャツ、ブラウスの袖が1センチほど出ているのがちょうどよい袖丈のバランスです。腕時計も大事なアイテムなので、シンプルなものを着けましょう。

 

爪は切っておきます。机の上や膝の上に置いたり、書類を手渡したりなど、意外によく見られています。

 

スラックスはきちんと折り目がついているか、ストッキングは伝線していないか。そして靴も忘れずチェックし、汚れていたら拭いておきましょう。

 

まとめ
・髪を整えよう。寝ぐせはNG。
・スーツは汚れていないか。フケやほこりはないか。
・化粧、ネクタイを整えよう。
・シンプルな腕時計をつけよう。
・スラックスの折り目、ストッキングの伝線を確認しよう。
・靴は汚れていないか。

身だしなみは採否を左右する重要ポイント

 

「そんなに細かくチェックする必要が本当にあるのか」

と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、就活で身だしなみは大切なことの1つです。

いくら学力優秀でも、面接の受け答えが上手くても、身だしなみがきちんと整っていない方は、選考の最初の時点でビハインドを背負った状態でスタートしてしまいます。

 

何故なら、身だしなみは相手のことを考えてするものだからです。

相手に好印象を持ってもらうにはどうしたらよいか、それはある意味気配りであり、それができない方は、自分さえよければそれでよいという身勝手な性格だと取られかねません。

 

そして身だしなみには所作や行動も含まれます。

いくら見た目を小綺麗に清潔にしていても、電車内で化粧をしたり、携帯電話で話したり、面接会場まで髪振り乱し走っては台無しです。

その企業の通勤エリアに入ったら、社員の誰かに見られている可能性があると認識しましょう。

 

身だしなみに必要なのは心の余裕です。

事前に入念な準備をすれば、少し早めに行動すれば、チェック項目が明確になっていれば、慌てる必要はなくなります。

 

身だしなみは些細なことに思われがちですが、実は採否を左右する重要ポイントと再認識しましょう。

 

オススメエージェントはこちら

【期間限定】オンライン面談実施中!(一部サービス除く)

「エージェント選びで迷っている」
「どのエージェントが良いのかがわからない」

という方はこちらの画像をクリック!⏬

ブログランキング

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
スポンサーリンク
スカウトサービスを登録するならまずはOfferBox|自己分析はAnalyzeU+

あなたは多様化する就活に対応しているか?

志望度の高い企業から順にエントリーするだけの就活はもう終わっています。
早期化・多様化の就活を生き抜くために必要なのは、企業との接点を増やすこと

スカウトサービスを利用すると、登録するだけで選考の機会が得られます。

どのスカウトサービスがいいか迷う方は、就活生の4人に1人が登録するOfferBoxがオススメ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
新着記事